eかみしばいコンテスト2021 鑑賞会&表彰式

eかみしばいコンテスト2021 鑑賞会&表彰式

eかみしばいコンテスト2021結果について

 今年、個人部門20作品と団体部門6作品のご応募をいただきました。審査員の皆様より昨年より更に素晴らしい作品が集まっており、審査するのが楽しい、そして、受賞を逃した作品も非常に魅力的なものが多かったので次年度再トライしてほしいとのコメントを頂いております。 

<受賞作品>
  ・個人部門最優秀賞 高橋久巳様(作品名:白峰相模坊天狗伝説)
  ・個人部門優秀賞 西本楓様(桂浜) 
  ・団体部門最優秀賞 株式会社パオ・フィール様(読み聞かせシリーズ 小豆島の昔ばなし その1 城ヶ島の人魚)
  ・団体部門優秀賞 株式会社インペックス様 (あんもち太郎IN女木島〜鬼退治へ)
  ・テクノロジー賞 桑島恵子様(王墓?)
  ・アート賞 増尾茂之様(おいでまいやしま)
  ・地元愛賞 田中未夢様(本島へ行ってみよう)
  ・四国特別賞 濱本七海様(櫃石島)
  ・四国特別賞 Tran Xuan Khang様(青ノ山)
  ・四国特別賞 一般社団法人 ぬくぬくママSUN’S(親子で♡いこーで!高松中央商店街/丸亀町商店街編②)
 受賞された皆様、本当におめでとうございます

鑑賞会&表彰式(こちらからご覧いただけます)

参加方法(今年度の鑑賞会&表彰式は終了いたしました)

  • 応募者の方に対しては、メールで事前に Zoomのビデオ会議URLをご連絡します
  • Youtube Live で参加(視聴):どなたでもご参加いただけます
    下記のアドレスをクリックいただくか、QRコードをお使いください
    https://youtu.be/99_bAxgBJj8

スケジュール

13:30 接続開始
14:00〜14:05 開会のあいさつ
14:05〜14:30 審査員のご紹介
14:30〜14:35 協賛団体のご紹介
14:35〜14:45 個人部門 鑑賞(1)
14:45〜14:55 個人部門 鑑賞(2)
14:55〜15:05 団体部門 鑑賞(1)
15:05〜15:15 団体部門 鑑賞(2)
15:15〜15:35 各賞の発表
15:35〜15:40 閉会のあいさつ

審査員のご紹介

池原 昭治 (いけはら しょうじ) 氏

香川県高松市出身
童絵作家、高松大学・短期大学客員教授。

東映動画から独立後、TBSテレビ「まんが日本昔ばなし」の演出・作画・美術を担当。
KDDIのCM「au三太郎シリーズ」のイラストを担当。
香川県2020年憲法記念日知事表彰「文化芸術功労」受賞。

池原昭治【公式】ホームページ
https://www.ikehara-shouji.com

小澤 孝洋 (おざわ たかひろ) 氏
高松市 総務局参事・デジタル推進部長

平成 23年 4月総務省入省以降、情報通信国際戦略局・総合通信基盤局等において、情報通信に係る研究開発の企画・推進や消費者行政等に従事。
平成 29年 4月より内閣官房 IT 総合戦略室において、IT 戦略の策定及び推進に従事。令和元年6月より高松市に着任し、スマートシティの推進を担当。

河田 一夫 (かわた かずお)
日本電気株式会社 西日本統括支社 四国支社 副支社長 兼 官公営業部長
          
2019年4月に高松へ赴任。1991年入社以来、自治体、警察、医療分野など公共マーケットを軸に多くの業種、職種の方々に対して営業活動を実施。

地域の方々が安心・安全に、そして穏やかに暮らせるように、NEC が提供する IoT で地域・社会に貢献することをビジョンに掲げ取り組んでおります。また、NEC 四国支社として、高松市様が中心となり活動しているスマートシティたかまつ推進協議会にも参加し、高松市民ひいては香川県民の皆様が、IoT によって、今より、さらに安心・安全に生活いただけるよう、尽力したいと考えております。

好きな言葉:一生懸命だと知恵が出る。中途半端だと愚痴がでる。いい加減だと言い訳が出る。(武田信玄)

住谷 幸伸 (すみたに ゆきのぶ)

香川県高松市出身
平成レッグス株式会社代表取締役社長 / 香川県スポーツ少年団本部長 / 元高松市議会議員(元議長) / 元カマタマーレ讃岐代表取締役社長 / 現カマタマーレ讃岐相談役

高松商業高校サッカー部で、高校総体に3年連続で出場。1976年にサッカースポーツ少年団を創設し、後身の指導にあたったり、以降スポーツ少年団活動に尽力している。
2004年、カマタマーレ讃岐の創設に力を注ぎ、2011年代表取締役社長に就任し、現在は相談役となっている。

住谷 幸伸 氏 ホームページ
http://sumitani.com

広谷鏡子 (ひろたに きょうこ) 氏

香川県丸亀市出身 作家

早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、2016年まで、東京・渋谷のNHKに勤務。95年、『不随の家』で第19回すばる文学賞受賞、97年には「げつようびのこども」が第118回芥川賞候補となる。その他の著書に『恋する文楽』『花狂い』『湘南シェアハウス』『ヒット・エンド・ラン』『シャッター通りに陽が昇る』など。丸亀市文化観光大使、丸亀市文化振興審議会委員。現在、丸亀市在住。

Brenda Thomas (ブレンダ トーマス)

カナダ出身 
University of Alberta及び Ryerson Polytechnical University卒業

約20年前、大学のプログラムで訪れた日本の魅力に強く惹かれ、日本で働くことを決意。大学のプログラム終了後、JETプログラムで来日し、ALTとして学校で教え始めた。香川県大好きなカナダ人。現在も、四国学院大学、善通寺東中学校、善通寺西中学校で教えている。専門は、English Communication。ケンブリッジ英語テストの面接菅でもある。

狸が大好きです。

伶以野 陽子 (れいやー ようこ)

香川県高松市出身、能楽師
公益財団法人梅若会所属 公益社団法人能楽協会正会員東京支部シテ方観世流
東京・高松緑耀会(能楽教室)主宰
https://nohtakamatsu.wordpress.com/

日本各地での能楽のレクチャー等を開催する傍ら、世界に向けても英語による能楽ワークショップを開催している。また、国際社会における日本人としてのアイデンティティーの確立、日本文化発信人材の育成や次世代への継承活動にも取り組んでいる。
2018年 第14回ブルーポラリス賞優秀新人賞受賞

香川県内でも、G7香川・高松情報通信大臣会合 懇親会レセプション 舞囃子「八島」、志度寺 装束付舞囃子「海人」、UDON 樂カウントダウンコンサート 装束付舞囃子「天鼓」等、舞を披露している。また、源平の里義経祭り、高松国分寺ホールや郷屋敷などで、学生や市民のための能ワークショップを開いている。